Return to site

その選択に、意思はありますか?

いい物語第一話 佐々木研さん

「就職活動を乗り切るためには面接でどう印象を残すかです!」

「会社に入ってどうなりたいのか、キャリアの組み立て方を考えましょう」

大学に入って時が経つにつれ、卒業しなさいより言われてきたのが就職のこと。

特に大学3年生になってからは、毎日のようにキャリアの相談会とか、講演会とか、OBOG訪問会とか就職にまつわる会がいくつも開かれるなどお祭りのようでした。

その度に、スーツを着て模擬面接や履歴書を書く練習をしたりして徐々に就職活動に向けて意識を高めましょうとか言われて疲れていたのを覚えています。

振り返ってみれば学生時代というのは学校から出て次のステージに行くことを周りから追い立てられるような期間だったと思います。

安定した、大多数の人が普通の暮らしを送れる道だからと周りの方が勧めたかったのだろうと思います。

なんとなくその考えに違和感を感じながら、それでもこのまま運が良ければ大企業に就職してそこそこのお給料をもらいながら恋人ができちゃったりなんかして幸せになれればいいなという風に、当たり前に就職して卒業してからの暮らしををぼんやりと想像していました。

ちゃんと単位をとって、内定をもらって卒業する。

この道以外の生きて行く方法なんて知らなかったし、それ以外は失敗かリスクの高い博打のようなものだと思っていました。

そんな中で今まで考えてこなかったような生き方を教えてくれたのが、佐々木研さんとの出会いでした。

いい物語をつくって最初の取材記事は絶対に佐々木さんにしたいという想いだけで

「取材させてください!」とお願いをすると快く了承いただき、すぐにインタビューの場を設けてもらいました。

佐々木研さんは、2016年に勤めていた会社から独立し「CH」を設立。

チャンスメーカーという肩書きのもと地域の未来を作る中小企業の支援を行う「ミライ企業プロジェクト」の事務局長をしながら、企業やNPOの支援、また大学や専門スクールでファッションビジネスを教えるなど幅広く活躍。

2016年から「大阪を変える100人会議」の代表世話人としても尽力されています。

キャリア業界を中心にしながら活躍する佐々木さんのこれまでとこれからについてお話を伺いました。

縁と意思がつなぐこれまで

ー佐々木さんはこれまでどういうお仕事されていたんですか?

佐々木:色んなことをやっていましたね。下北沢の古着屋で働いたり、学校の営業とか、企業の紹介兼求人誌をつくったり、今だったらCHとしてミラプロ(ミライ企業プロジェクト)で企業さんと一緒に色んなことをやったり、学校とかで講師とかもさせてもらっています。

ー古着屋さん…とは今の仕事から少し離れている気がしますが、ファッションに興味がおありだったんですか?

佐々木:学生時代はサッカーと音楽と、ファッションしか興味がなかったんです。

どれかで食べていけるかなと思っていたんですけど、サッカーは高校の時やっていたんですが無理だと思っていたし、大学時代にやっていたバンドは周りはすごいけど自分がその世界で生きていけるとは考えられなかった。当時は下北沢ってバンドやっていた人たちが集まる場所だったんですけど、バンド仲間にも会えるしそこらへんで洋服屋になれればいいかなと思っていました。

そっから就活をしていたんですけど、就職氷河期真っ只中でアパレル業界受けたら最終8次面接までいくけど落ちちゃって(笑)

もういいかと思って5月、6月ぐらいで一旦やめちゃいましたね就活は。

-8次面接…そんなにやるんですね…

でも就活をやめるってご両親には反対とかされなかったんですか?

佐々木:反対は特にその時にはなかったんですけど、親父が東京の企業に勤めていたので色んなコネをもらってきたんですね。そのコネを全部勝手に断ってたらめちゃくちゃ怒られました。

ーそりゃそうですね。

佐々木:ですね(笑)まあでも、その時は自分でなんとかするよって強く言って。

よく通っていた古着屋でたまたま正社員募集をしていたから面接を受けて採ってもらいましたね。そこでも親父にキレられたんですけど、店長ぐらいにはなるからといって突っぱねて1年半ぐらいで店長にさせてもらったりして、丸三年勤めていました。

ー1年半で店長ってすごいですね。3年で辞められたのは何かきっかけがあってですか?

佐々木:元から3年ぐらいで辞めようと思っていたので、時期がきたからかな。

辞めてからは3ヶ月ぐらい大学生協とかの日雇いバイトしながらふらふらしつつ過ごしてました。そんな時に求人誌を見たら、当時、お店によく来られていたスタイリストの人たちの出身校であるバンタンデザイン研究所の情報があったので応募してみたんです。

早速面接を受けにいったら人事の人が、二次面接受けて行ってって言うから受けて合格をもらって。次の日に社長と面接をして、二週間後ぐらいから働くことになったのかな。

今から思ってもすごいスピード感でしたね。

ー面接受けてから実質1ヶ月経たないうちに!就職活動しかしてないので考えられないぐらいのスピード感ですね…

バンタンってでもデザインとか、ファッションを教えているところですよね。営業って何をするんでしょう。

佐々木:僕は主に入学を検討されている人たちへ学校の説明などを行う営業というやつだったんです。資料を見て見学に来た高校生ぐらいの学生さんを相手にしながら、学校の説明をしたりとかですね。

2年ぐらいそんなことをしながら東京で働いて、校舎責任者として大阪へ転勤になったんです。

当時、あんまり大阪が好きではなかったので(笑)、1年で東京に戻してくださいって言いながら(笑)

1年働いて結果は残せたんですけど、その時自分が所属していた学校と別の地域にあった学校が統合することになってまだ少し残ってくれと言われたので2年半ぐらいやってましたね。さすがにその頃には大阪のこと大好きになってたんですけど。

ー大阪のことを好きになってもらってよかったです。そこからはずっと大阪で?

佐々木:いえいえ、バンタンは6年勤めてやめてしまって。ちょうど震災があった年だったかな。

東京のアクセサリー職人をやっていた友人からバンタンをやめるタイミングがあれば、手伝って欲しいって言われてたんで辞めたタイミングで東京に戻りましたね。

そこからはアクセサリーを取り扱ってもらうお店を探しに営業をしたりしながら、8ヶ月ぐらいかな働いてたのは。色々あって辞めることになって。

無職になったんですけど東京に帰って来てたから久々に色んな人と話したいなと飲み歩いてたんだけど。ある日バンタン時代の仲間から電話があって、その人も今は別の会社で働いているって言うから話を聞いてみたら全然内容わからなくて(笑)

大阪で働いていてるっていうから直接聞きにいってようやくわかったんですけどね。

シーズクリエイトっていう印刷の会社だったんですけど、本社がある八尾市のために何かできないかっていう社会貢献の事業を当時は探っている段階でして、そこに入ってもらえないかっていうお誘いだったんです。そこで社長ともお話しさせてもらってお人柄とか、事業内容とかも良かったので一緒にやろうかと。

今でもよく覚えているのが、

「社長、僕なにやったらいいですか?」って聞いた時に「何をやってくれてもいいから」と返されて、えってなりますよね。そこからが名言で(笑)「佐々木さんには白いキャンバスに自由に絵を描いて欲しい」って。いやいや何やったらいいんですか!ってなりましたね。

ー白いキャンバス(笑)すごく詩的な社長さんですね。お人柄が良さそう。そこから佐々木さんご自身も社会的な活動を?

佐々木:当時のCSR室に所属して、僕の場合は大阪の中小企業を取りまとめたフリーペーパーを作成していたりしていました。その過程で推薦コメントをもらいに行こうと、今のパートナーであるNPO法人JAEの方にお会いしたり、そこからの繋がりで「大阪を変える100人会議」に参加させていただいたりと、あの時のつながりが今に活きていますね。100人会議でミライ企業プロジェクトのもう一つのパートナーであるPRリンクさんともそこでつながったりと、今のミラプロの原型がこの時からでき始めていました。

ー大阪に戻って来て色んな方とつながってらっしゃったんですね。

佐々木:そうですね、本当にいい方々に会えました。ただそこからシーズクリエイトのCSR室は解体になっちゃって、2016年の4月からはフリーになっちゃうんですけど。

-また、急にフリーになりましたね!他の会社に就職しようかとは考えなかったんですか?

佐々木:入社する時にもういつかは辞めますって言って入ったんです。次に辞める時にはフリーになる時だなって思ってたから。そのままフリーになって、2016年の5月にCHという屋号を掲げて活動し始めました。

未来を描くのではなく、合った仕事をしていく

ーなるほど…CHってでも結構変わっているというか、シンプルな名前ですよね。

佐々木:屋号を掲げる時に、どんな名前にしようかと思って自分の好きな言葉を並べて見るとChance / Change / Challenge / Cheer / Chainで全部CHがつくからじゃあCHでいいかなって。

あとは領収書を書く時楽なので…

ー確かに全部CHですね。ロゴデザインもシンプルでかっこいい。

佐々木:このロゴは友人のデザイナーが作ってくれたんです。CHとしてやっていく上では人とのつながりが欠かせない要素だと思っていて、今は人をつないでいく仕事しか興味がないんですよね。今までも人との縁でここまで生かしてもらっているので。そこを大切にしたい。

チャンスメーカーという肩書きも飲みの席で誰かが言ってたのを聞いてそれいいなって思ってつけただけんなんですけど。いろんな意味での「機会」、人との出会いのチャンスとかをつくれる仕事をしたいと思っています。

ー佐々木さんのお話を聞いていると、人とのつながりの中で機会を得ているというのがすごくわかる気がします。そんな経験から人をつなぐ仕事がしたいと思うようになったのでしょうか?

佐々木:そうですね、それもあります。ただ子どもの時からみんなが同じ輪にいてほしいと思っていた子どもでして。僕って転校をずっと繰り返していて、鳥取とか千葉とか色んな地域に親の都合で引越しをしていたんです。転校生特有なのかもしれないけれど、新しい環境にいくとそこの人間関係って感覚的にわかるんですよね。言葉の端々に緊張感があるとか、こいついいやつだなって思ったり、あいつとあいつは仲悪いんだとか。

それでもみんなが同じ輪の中で笑っていて欲しいと思っていて。

だから仲間はずれがいないようにどうやればいいかなって考えて来たんです。

嫌いだなってあんまり人のことを思わないんですよね、探せばどっかいいところ1つぐらいあるでしょ人って。

そんなところが原点なのかもしれないです。

ー独特の感覚ですね。冷静な観察の中にも熱さがあるというか…

CHとしても今後そういった原点に基づくお仕事をされていくと思うのですが、今後のCHとしてこうしていきたいというビジョンってありますか?

佐々木:うーん、ビジョンですか。

ないですね。

ーえ?ないんですか?

佐々木:全然ないです。5年前なんて自分がこんなことやっているなんて想像もつかなかったし、この先時代がどうなるのかなんてわからない。

時代のスピードが速すぎて3年、5年後の姿なんて想像しても意味ないかなって思っています。

新しい情報や流れをキャッチしつつ、その時代に適した人をプロデュースしたり、アプローチしていくことになるのではと。

1人で仕事するのは嫌いなので、将来的には法人化して仲間と一緒にやっていきたいとは思っていますけど。

ーなんだか意外ですね…こういうのってビジョンとかを掲げてやっておられるイメージがあるので、そう言った考えは新鮮です。

初めてお会いした時からそうだったんですけど、佐々木さんの生き方はいい意味で外れているというか自分の意思を持っているという印象を受けます。僕からしたら就職して会社に入ってずっと働くっていうことしかイメージできなかったし、そういう道を歩むのが外れないというか、普通で安心という気持ちがあるのですが佐々木さんにはそういう普通から外れる怖さというものはなかったのでしょうか?

佐々木:就職活動をしている学生の時は確かに漠然とした不安感というのはありました。自分の周りは大手に入ったり、いわゆる安定している企業に入っていましたから自分はどうなるんだという。

ただ、働き出していくとそんなことを考えていても仕方ないと思うようになったんです。

ちゃんと就活をしていい会社に入るのがいいとか、悪いとかじゃなくて自分がどうやって仕事をやっていきたいか、どんな風に生きていきたいのかを思ってやることが大切なんじゃないかと思っています。

自分の場合は、やりたいことをその日のうちにやって、伝えたいことをきちんと伝える。

人との縁でしかここまで来ていないので。関わった以上、人との付き合いを大切にしたい。

とか、自分のやりたいことはありましたけど、こういう道をいかないといけないっていうのは特に持っていなかったですね。

ーありがとうございます。では最後に、読者の方へのメッセージをお願いします。

佐々木:主に学生さんに向けてのメッセージになってしまうのですが、今やりたいことがあっても、それが変わるのは全然いいことです。やりたいことってその都度変わっていくものですから。

業種とか職種でこの先を選ぶのももちろんいいんだけど、こういう人になりたいっていう目指したい存在にも出会って欲しいと思います。

目的がはっきりしている人はそのまま突っ走ってもらえればいいのですが、どこに向かっていけばいいのかわからないという人には色んな経験をしてほしいです。どんな雰囲気で働きたいとか、好きなものや、やりたいことを見つけて欲しいです。たくさんの経験をすることでこれから生きる選択をする上での材料にしてもらえればと。

その選択に意思はあるか?

自分の人生を考える上で大事なことは人それぞれもちろんありますが、1つには自分の意思をもつことがあると思うんです。周りのやっていることにそのまま流されるのではなく、一旦立ち止まって冷静に自分の声を聞いてこれからの歩く道を考えること。

一生を決めるかもしれない選択に、リスクの高いことをする必要も、かといって保守的になって恐怖することもありません。

ただその選択に、自分の意思はあるか。

このことが自分の人生を生きるための第一歩となるのではないか、佐々木さんのお話を伺って思いました。

その選択に自分の意思はあるか。

みなさんがこれから生きる上で選択をする機会があれば、自分の心に一度問いかけて欲しいと思います。

この物語がみなさまのこれからにとって、一つの参考となればと願います。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

撮影:シンバ ハジメ

執筆:フルエ アキヤ

取材場所:ココウェルカフェ

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly